このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

三庵めぐり

更新日:2018年6月13日

三庵めぐりについて

 正岡子規をはじめ多くの俳人を輩出したこの松山の地は「俳都」とも呼ばれており、市内各地に俳句ポストが設置され気軽に投句が行なえるなど、今なお俳句が盛んなところであります。
 その歴史を感じていただくため、江戸、明治、昭和の3つの時代に、松山ゆかりの俳人が結んだ庵を巡る「三庵めぐり」を紹介します。

松山と俳句の歴史

庚申庵(江戸時代)

 栗田樗堂が名利を捨て俳諧に専念した草庵

愚陀佛庵(明治時代)

 松山中学校に赴任した夏目漱石の下宿

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愚陀仏庵跡地

一草庵(昭和時代)

 種田山頭火が法衣も捨て安住の地を求めた終の住処

三庵のめぐり方

 路面電車・バス・自転車・徒歩など、三庵のめぐり方はさまざまありますが、ここでは一例をご紹介します。どこからでもはじめられますので、お近くの庵からスタートしてみてはいかがでしょうか。

三庵めぐり寄道コース〜レンタサイクル風まかせ!

爽やかな風をうけ寄り道ありきの三庵めぐり。

  • サイクルポート  道後温泉駅前・松山城ロープウェイ駅舎・JR松山駅前・大街道商店街
  • 利用時間     午前8時30分〜午後5時
  • 料金        1人1回につき300円
  • 返却        どのサイクルポートでも可能

まつやま観光レンタサイクルのページ

お城一周路面電車コース〜街並みウォッチング!

車窓から眺めるお城と街並みはいつも少しちがいます。

  • 庚申庵へは宮田町駅から徒歩4分
  • 子規記念博物館へは道後温泉駅から徒歩5分
  • 一草庵へは赤十字病院前から徒歩7分

まちめぐりてくてくコース〜脚まかせ街まかせ!

それぞれの庵主が生きた街をそそろ歩き…

  • 庚申庵と小町三十町(豪商と職人の町)
  • 子規記念博物館と道後温泉
  • 一草庵と寺町

三庵の開放時間

庚申庵

【所在地】
  松山市味酒町二丁目6-7
【入場料】
  無料
【営業時間】
  午前10時〜午後6時 ※季節により異なる
【休日】
  水曜(祝日の場合は翌日)
【電話番号】
  089-915-2204(庚申庵史跡庭園事務所)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。庚申庵史跡庭園 指定管理者のホームページ

愚陀佛庵(子規記念博物館内)

【所在地】
  愛媛県松山市道後公園1−30
【入館料】
  個人:400円/団体(20人以上):320円 ※特別展観覧料は別に定めます。
【営業時間】
  午前9時〜午後6時 ※季節により異なる
【休日】
  火曜(祝日の場合は翌日)
【電話番号】
  089-931-5566(子規記念博物館)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市立子規記念博物館 指定管理者のホームページ

一草庵

【所在地】
  松山市御幸一丁目435-1
【入場料】
  無料
【営業時間】
  ・外観のみ終日
  ・内部公開は年末年始を除く土・日祝日の午前9時〜午後5時 ※季節により異なる。
【休日】
  なし
【電話番号】
  089-948-6891(松山市文化財課)

一草庵 松山市のホームページ

お問い合わせ

文化財課(史跡整備担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6891
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.