このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

三島神社算額 1面

更新日:2012年3月1日

「三島神社算額」について

三島神社算額 1面

文化財の区分

松山市指定有形民俗文化財

指定(登録)年月日

平成16年11月11日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市吉藤1丁目 三島神社

解説

 明治13 年(1880年) に、和気郡吉藤村の旧庄屋・松岡多三郎(1855年〜1915年)が氏神である三島神社に奉納したもので、境内の絵馬殿に掲げられてきた。
 三島神社の算額の特徴は、算題と勉学成就の祈願絵馬をあわせたところにあり、画面右側に算盤の教授風景のような絵が描かれ、左に算題が掲げられている。外枠の外寸は、80.3cm×135.0cm と比較的大型のもので、彩色などの保存状態も良好である。
 前年の明冶12年には、やはり吉藤村松岡太三郎幸久の名で伊佐爾波神社へ奉納された算額があるが、両者は同一人物と考えられている。太山寺算額とともに、その奉納者がいずれも関流の山崎喜右衛門昌龍の門弟で、伊佐爾波神社に一門で奉掲したのち、それぞれ独自に奉納されたものである。したがって、松山地方における和算の系譜などを考えるうえからも、重要な資料である。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.