このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

松山城年表

更新日:2012年9月3日

松山城年表

松山城年表
西暦 城主 居城年 参考
1603年 加藤嘉明 慶長8年 慶長6年(1601年)築城許可。翌年(1602年)着工し、同8年(1603年)正木城より移る。天守閣五層。寛永4年会津40万石に転封。
1627年 蒲生忠知 寛永4年 蒲生氏郷の孫、出羽上の山より移封。二之丸完成。寛永11年逝去、嗣子なく断絶。
1635年 松平定行 寛永12年 寛永12年伊勢桑名より転封。徳川家康の異父同母弟松平定勝の子、寛永19年天守閣を三層に改築。
1658年 松平定頼 万治元年  
1662年 松平定長 寛文2年  
1674年 松平定直 延宝2年 今治藩主松平定時の子、延宝2年就封。
1720年 松平定英 享保5年  
1733年 松平定喬 享保18年  
1763年 松平定功 宝歴13年  
1765年 松平定静 明和2年  
1779年 松平定国 安永8年 天明4年(1784年)天守閣落雷で焼失。
1804年 松平定則 文化元年  
1809年 松平定通 文化6年 文政3年(1820年)天守閣再建工事にかかる。
1835年 松平勝善 天保6年 安政元年(1854年)天守閣再建なる(現存)。
1856年 松平勝成 安政3年  
1867年 松平定昭 慶応3年  
1868年 松平勝成 明治1年 松平姓を返上し旧姓の久松となる。
1869年   明治2年 版籍奉還明治3年三之丸全焼、同5年二之丸焼失。
1923年   大正12年 久松定謨伯より城郭を寄贈され松山市の所有になる。
1933年   昭和8年 小天守閣・南北隅櫓・多聞櫓放火の為焼失。
1945年   昭和20年 乾門など戦災の為焼失。
1958年   昭和33年 馬具櫓を鉄筋で復興。
1968年   昭和43年 小天守閣・南北隅櫓・多聞櫓・十間廊下を木造で復興。
1971年   昭和46年 筒井門を木造で復興。
1972年   昭和47年 太鼓門を木造で復興。
1973年   昭和48年 太鼓櫓を木造で復興。
1979年   昭和54年 天神櫓を木造で復興。
1982年   昭和57年 乾門同東続櫓を木造で復興。
1984年   昭和59年 艮門同東続櫓を木造で復興。
1986年   昭和61年 巽櫓を木造で復興。
1990年   平成2年 太鼓門西塀を復興。

お問い合わせ

観光・国際交流課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
電話:089-948-6556
E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.