このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

観光めぐり(名所をゆっくりコース)

更新日:2015年9月8日

コース紹介

↓【2.3km】 徒歩:30分 車:10分 
        路面電車:大街道駅→道後温泉駅まで10分(ロープウェイ乗り場から大街道駅まで徒歩:5分)

  • 道後温泉駅

↓【263m】 徒歩:3分 車:1分

  • 子規記念博物館

↓【1.3km】 徒歩:17分 車:5分

  • 石手寺

↓【1.3km】 徒歩:18分 車:6分

  • 道後温泉

松山城

松山城
松山城

松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、松山市のシンボルとして市民に親しまれ、本丸広場は桜の名所として市民の憩いの場となっています。
松山城の築城者は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の一人、加藤嘉明(かとうよしあき)です。嘉明が25年(1602〜1627)の歳月をかけて築いた城は、勝山山頂に本丸・中腹に二ノ丸・山麓に三ノ丸を整備した広大な規模の城郭でした。
門櫓(もんやぐら)・塀を多数備え、狭間(さま)「鉄砲・弓」や石落とし、高石垣(たかいしがき)などを(たくみ)に配した攻守の機能に優れた日本一の連立式平山城と言われています。

住所:愛媛県松山市丸之内1

TEL:089-921-4873

道後温泉駅

道後温泉駅
道後温泉駅

道後温泉の玄関口であるこの駅は、明治の雰囲気をそのまま残し、情緒溢れる温泉街を見事に演出しています。坊っちゃん列車もここから発着し、駅やその周辺では坊っちゃん・マドンナ・赤シャツが観光案内をしています。

住所:愛媛県松山市道後町1-10-12
TEL:089-986-3662

子規記念博物館

子規記念博物館
子規記念博物館

松山市立子規記念博物館は、正岡子規の世界を通して、より多くの人びとが松山に親しみ、松山の伝統文化や文学についての認識と理解を深め、新しい文化の創造に役立てることを目的として開設された文学博物館です。

住所:愛媛県松山市道後公園1-30
TEL:089-931-5566

石手寺

石手寺
石手寺

石手寺は真言宗豊山(ぶざん)派の古刹で四国霊場51番札所(ふだしょ)寺伝(じでん)によれば聖武天皇の神亀(じんき)5(728)年勅宣(ちょくせん)によって大領・越智玉純(おちたまずみ)が伽藍を創建(そうけん)したといわれています。

仁王門は、『伊予古蹟志』に、河野通継が文保2(1318)年に建立したとの記事が見られます。三間一戸楼門、屋根は入母屋造、二軒(ふたのき)、本瓦葺で、二階の床は張られていません。建築様式は和様(わよう)で、円柱上の三手先の腰組で回縁を支え、中備(なかぞなえ)として正・背面には蟇股(かえるまた)を、側面には間斗束(けんとづか)を置いています。軒も同様に三手先で受けられ、この中備はすべて間斗束となっています。軒の反りや張りをはじめ、建物全体の均整はよく、全国の楼門の中でも屈指の優れた作品と評価され、なかでも蟇股(かえるまた)は、鎌倉期の特徴を備えた傑作との名声を博しています。門の左右室には、運慶一門の作と伝えられる金剛力士の逞しい立像が安置されています。
住所:愛媛県松山市石手2-9-21
TEL:089-977-0870

道後温泉

道後温泉本館
道後温泉本館

道後温泉本館は、神の湯と霊の湯(たまのゆ)という二つの浴室と、それぞれの休憩室など、4つの入浴コースと皇族専用の又新殿(ゆうしんでん)からできています。

神の湯(かみのゆ)本館棟の歴史がいちばん古く、完成したのは明治27年。又新殿(ゆうしんでん)は明治32年にお目見えしました。

明治時代の温泉施設が、こんなにきれいに残っているのは日本でここだけ。

平成6年12月には、近代和風建築としてのすばらしさと保存状態の良さから、国の重要文化財に指定されています。

住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6
TEL:089-921-5141

お問い合わせ

観光・国際交流課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
電話:089-948-6556
E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.