このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

考古館で「掘ったぞな松山2020」を開催しています

更新日:2020年7月17日

イベントカレンダー

企画展「掘ったぞな松山2020」について

「掘ったぞな松山」は、松山市内での発掘調査の成果をいち早くお伝えする展示会です。

今年度は、多種多様な須恵器のほか、ヒスイ製勾玉や水晶製切子玉などの装飾品を含む副葬品が出土した、北条下難波の古墳の資料を中心に展示します。

また特別公開として、国の重要文化財に指定されることとなった朝日谷二号墳の出土品を一挙展示します。今後は資料の保存修理に入るため、これらを一度に見ることのできるまたとない機会です。
是非お越しください。


展示会ポスター

会場

松山市考古館(松山総合公園内・松山市南斎院町乙67-6)

会期

令和2年7月11日(土曜日)〜8月30日(日曜日)

開館時間

午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

7月6日(月曜日)・13日(月曜日)・20日(月曜日)・27日(月曜日)
8月3日(月曜日)・11日(火曜日)・17日(月曜日)・24日(月曜日)

観覧料

無料(常設展観覧には別途観覧料が必要です。)

報告会

  • 8月29日(土曜日)13時30分〜15時00分

「下難波腰折遺跡1次調査の成果について」
講師:相原 浩二(松山市立埋蔵文化財センター主任調査員)

「朝日谷2号墳の調査成果と出土品について」
講師:梅木 謙一(松山市立埋蔵文化財センター所長)

定員40名、事前申込(応募者多数の場合、抽選となります。)
聴講は無料です。

古代体験教室『石勾玉をつくろう』

  • 8月8日(土曜日) 【午前の部】10時〜11時30分 【午後の部】13時30分〜15時

定員各10名(小学生は保護者同伴)
事前申込(応募者多数の場合、抽選となります。)
材料費:300円

詳しくは松山市考古館ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市考古館展示案内のホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

松山市考古館
〒791−8032 愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話:089-923-8777
FAX:089-925-0260
メール:koukokan@cul-spo.or.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.