このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2022年1月 の中の 木造モバイル建築ユニットを活用したワーケーションの実証事業を開始します のページです。

本文ここから

木造モバイル建築ユニットを活用したワーケーションの実証事業を開始します

更新日:2022年1月11日

発表内容

目的

 松山市と帝人株式会社などSDGs推進協議会の18団体は、スマートアイランドモデル分科会を立ち上げ、中島を舞台に持続可能な地域の実現を目指しています。
 「ほしふるテラス姫ケ浜」の新しい活用方法を探求する松山市と、木造モバイル建築ユニット(以下「ユニット」)を展開する帝人株式会社が連携し、コロナ禍で新たな働き方として注目を浴びているワーケーションの実証事業を開始します。
 実証は、令和4年1月21日から約1年間、「ほしふるテラス姫ケ浜」の敷地内に帝人(株)がユニットを設置し、中島でのワーケーション需要などを調査します。


ユニット(外観イメージ図)

実証期間

令和4年1月21日(金曜日)から約1年間

実証場所

ほしふるテラス姫ケ浜敷地内
(松山市長師68番地1)

設置物

柱や梁などに木材を使用した移設可能なユニット
「LIVELY VILLA(ライブリー ヴィラ)」 2台
【大きさ】
長さ約:6m、奥行き:約2m、高さ:約2.8m


ユニット(内観イメージ図)

実証内容

ほしふるテラス姫ケ浜で受け付けし、利用後にアンケートを実施するなど中島でのワーケーション需要を調査します。

内覧会

【日時】 令和4年1月20日(木曜日) 10:30〜14:00

※船の発着に合わせ、神浦港・大浦港からほしふるテラス姫ケ浜間を送迎します。
  送迎を希望される場合は、令和4年1月18日(火曜日)17時までに、まちづくり推進課 石川・山崎(948-6816)へ人数をお知らせください。


 【往路】 フェリー 9:10三津浜港発→10:02神浦港着
 【復路】 (1)フェリー 11:40大浦港発→12:21高浜港着→12:34三津浜港着
       (2)高速艇 12:25大浦港発→13:04高浜港着


SDGsの目指すゴール

11

12

15

お問い合わせ

【ワーケーションの実証事業に関すること】
課名:まちづくり推進課
所在地:〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館6階
担当課長:大内 範子
担当執行リーダー:石川さおり
電話:089-948-6816
E-mail:sakanoue@city.matsuyama.ehime.jp

【SDGsの取組に関すること】
課名:企画戦略課
所在地:〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
SDGs推進担当課長:伊藤 智祥
担当執行リーダー:田内 長宏
電話:089-948-6212
E-mail:kikaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

2022年1月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.