このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年12月 の中の 第15回坊っちゃん文学賞小説部門大賞作品「ルカの麒麟」が収録された書籍が発売されます のページです。

本文ここから

第15回坊っちゃん文学賞小説部門大賞作品「ルカの麒麟」が収録された書籍が発売されます

更新日:2019年12月18日

発表内容


『ブラック・マリア』

目的

第15回坊っちゃん文学賞(平成28、29年度開催)小説部門大賞作品「ルカの麒麟」が、『ブラック・マリア』(幻冬舎)に収録されます。

収録される書籍

【書名】 『ブラック・マリア』
【内容】 「ブラック・マリア」、「ルカの麒麟」
【規格】 四六判並製324ページ
【発行所】 株式会社 幻冬舎
【価格】 1500円(税別)
【発行日】 令和元年12月20日(金曜日)

小説部門大賞作品「ルカの麒麟」

●プラハの地で戦争に翻弄される2人の若者を描いた作品。
●子規・漱石生誕150年記念 第15回「坊っちゃん文学賞」小説部門 大賞を受賞 (平成28〜29年)
●応募数は854点、審査員は椎名誠さん(審査員長)、早坂暁さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんの4人。

作者 鈴川 紗以(すずかわ さい)さん

京都大文学部卒。マッキンゼー&カンパニーのアナリスト、代々木ゼミナールの英語講師を経て、2008年から評論系の著述家に。小説の創作は2015年元旦に開始。「ルカの麒麟」で第15回「坊っちゃん文学賞」小説部門の大賞を受賞し、作家となる。

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
課長:大石 和可子
担当執行リーダー:池田 晋作
電話:089-948-6634
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年12月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.