このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年9月 の中の 子規記念博物館 常設展示室特集コーナー「子規、食を楽しむ」を開催します のページです。

本文ここから

子規記念博物館 常設展示室特集コーナー「子規、食を楽しむ」を開催します

更新日:2019年9月20日

発表内容

趣旨

 子規記念博物館の常設展示室3階の「特集コーナー」で、子規と「食」にスポットをあてた展示を開催します。
 子規は、一生を通して「食べる」ことを楽しみました。とりわけ、病床で生活した晩年には、「小生唯一の療養法」は「うまい物を喰ふ」ことだと随筆「墨汁一滴」(明治34年4月20日)で述べています。柿や梨、ミカンなどの果物、カステラや菓子パンなど、さまざまな「食」を楽しむことが、病気と闘う子規を癒し、また、生きる活力の源になっていました。
 特集コーナーでは、果物を題材にした俳句や絵画作品をはじめ、子規と友人たちとの「食」にまつわる交流を物語る書簡など、子規が「食を楽しむ」様子を伝える資料を展示します。

展示会期

令和元年9月28日(土曜日)から令和2年3月下旬まで

会場

松山市立子規記念博物館 3階常設展示室 特集コーナー

「病牀六尺(百一)」原稿
子規筆「病牀六尺(百一)」原稿

主な展示資料

・子規の夏目漱石あて書簡(明治33年6月21日) 
・子規の古島一雄あて書簡(明治31年5月21日)
・子規筆「病牀六尺(百一)」原稿(明治35年8月21日)
・子規句「梨にあきてぶだうをこのむやまひかな」(明治32年) ほか

お問い合わせ

子規記念博物館
松山市道後公園1-30
所長:岡田 真
担当執行リーダー:平岡 瑛二
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年9月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.