このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年7月 の中の 著者トーク!「ヒマラヤに学校をつくった僕と子どもたちの話」を開催します のページです。

本文ここから

著者トーク!「ヒマラヤに学校をつくった僕と子どもたちの話」を開催します

更新日:2019年7月26日

発表内容

目的

中央図書館で、中学生以上の方を対象に、著者を招いて自らの著作について語ってもらう“著者トーク!”を初めて開催します。
講師に、松山市出身で第65回青少年読書感想文全国コンクール(高校の部)課題図書に選ばれた『ヒマラヤに学校をつくる』(旬報社)の著者 吉岡大祐さんを招き、ネパールでの学校設立までの経緯や、ネパールで学校を設立するまでの経緯や、ネパールで出会った子どもたちとの交流などの秘話を語っていただき、本への興味を広げます。

日時

令和元年8月7日(水曜日) 13:30〜15:00

場所

松山市立中央図書館 2階 文化活動室 (松山市湊町七丁目5)

内容

【テーマ】 ヒマラヤに学校をつくった僕と子どもたちの話
【講師】 『ヒマラヤに学校をつくる』 著者 吉岡 大祐(よしおか だいすけ)

対象・定員

中学生以上・30名


吉岡大祐さんの著書『ヒマラヤに学校をつくる』(旬報社)

申込方法

電話、FAXまたはメールで氏名と連絡先を中央図書館事務所へお知らせください。
【電話】 089‐943-8008 ※中央図書館の開館時間に受け付けます。
【FAX】 089-933-9968
【E-mail】 tosyokan@city.matsuyama.ehime.jp

吉岡大祐さんプロフィール

1976年生まれ。鍼灸師免許取得後、ネパールへ。大学に通いながら現地で無料鍼灸治療を行う。へき地の医療キャンプに参加し、貧困を生きる子どもたちの現状を目の当たりにしたことをきっかけに貧困家庭の就学支援活動を開始。2004年、クラーク記念ヒマラヤ小学校を開校。現在は学校運営のかたわら、講演活動なども行う。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

中央図書館事務所
〒790-0012 愛媛県松山市湊町七丁目5
所長:杉野 公典
担当執行リーダー:小池 ひろみ
電話:089‐943-8008 FAX:089-933-9968
E-mail:tosyokan@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年7月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.