このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年7月 の中の 放射線テロ災害の初動対応に関する講演会を開催します のページです。

本文ここから

放射線テロ災害の初動対応に関する講演会を開催します

更新日:2019年7月11日

発表内容

目的

 病院前救護活動を高度化し救命率を高めるため、第32回中予地域メディカルコントロール協議会症例検討会で、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター グループリーダー 富永 隆子さんを迎え、放射線テロ災害の初動対応に関し講演いただきます。

日時

令和元年7月13日(土曜日) 14時15分〜15時55分

場所

松山市保健所・消防合同庁舎 6階大会議室 (松山市萱町6丁目30-5)

内容

【演題】 放射線テロ災害の初動対応
【講師】 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター グループリーダー 富永 隆子 (とみなが たかこ)


講演の様子

参加者と人数

愛媛県メディカルコントロール協議会
中予地域メディカルコントロール協議会
救急医療機関
愛媛県関係機関
松山市関係機関
県内消防機関 など計150人程度

講師紹介

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター グループリーダー 富永 隆子
平成13年5月 佐賀医科大学附属病院 救急部入局
平成18年9月 日本救急医学会専門医
平成21年10月放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究センター 主任研究員
平成22年2月 IAEA Incident and Emergency Centre コンサルタント
平成28年4月 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所被ばく医療センター 医長
令和元年7月 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター放射線緊急事態対応部被ばく医療グループ グループリーダー

お問い合わせ

課名 中予地域メディカルコントロール協議会事務局(松山市消防局警防課)
所在地 〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
課長:井上 隆二
担当執行リーダー:北岡 和高
電話:089-926-9227
E-mail:sbkeibou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年7月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.