このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年4月 の中の 木造住宅の耐震改修工事を実施しましょう(平成31年度) のページです。

本文ここから

木造住宅の耐震改修工事を実施しましょう(平成31年度)

更新日:2019年4月10日

発表内容

目的

近い将来発生が想定されている南海地震などに備えて、松山市では災害に強いまちづくりの一つで、木造住宅の耐震改修を行う皆さんに費用の一部を補助します。

対象の木造住宅

1.昭和56年5月31日以前に着工された一戸建ての木造住宅(枠組壁工法、丸太組工法、大臣等の特別な認定を得た工法のものは対象外です。)
2.階数が2階以下で、延べ面積が500平方メートル以下のもの。
3.既存木造住宅の耐震診断を実施し、評価を受けた結果、補強が必要な住宅。
4.既存住宅に、明らかな法令違反がないこと。
5.住宅の用途が専用住宅または併用住宅。
 ※共同住宅と長屋住宅は対象外です。
 ※併用住宅は、延べ面積の過半が住宅の用途に供されているものが対象です。

受付期間

平成31年4月25日(木曜日)から平成32年1月31日(金曜日)まで先着順です。
※予算が無くなり次第終了します。

補助対象者

1. 対象住宅の所有者(建築物の登記簿謄本添付)
2. 市税などを滞納していない者(完納証明添付)

対象耐震改修工事

1.対象工事は、耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満で、地震に対して安全な構造になるように耐震改修工事を実施し、上部構造評点が1.0以上になる工事。
2. 「松山市木造住宅耐震改修等事業補助金交付要綱」に基づき実施する「耐震改修工事」とする。
3. 改修設計者及び工事監理者は「愛媛県木造住宅耐震診断事務所」の登録を受けた建築士事務所とする。
4. 耐震改修工事業者は、「愛媛県木造住宅耐震改修事業者」の登録及び建設業法第3条第1項に規定する許可(建築工事)を受け、リフォーム瑕疵保険に加入可能な市内に事務所を置く業者とする。

補助金の額

●耐震改修工事:補助対象経費の80パーセント、限度額100万円
 ※工事の改修設計費用と工事監理費を併せて補助します。
●改修設計・工事監理費:補助対象経費の3分の2、限度額14万円
 ※耐震改修工事を実施しない場合は、補助対象外です。
 ※限度額(上限114万円)は、平成32年度から減額します。
 ※補助対象経費に消費税及び地方消費税の額は含めません。

申込方法

耐震改修補助を希望される方は、建築指導課窓口で事前相談を受け付けます。相談時に、補助対象になるかどうかを確認します。住宅の建築年度や構造などをわかる範囲でお調べください。
「建築時期のわかるもの」には建築確認通知書や建築物の登記簿などがあります。申請時に写しが必要です。

お問い合わせ

建築指導課
松山市二番町4丁目7番地2 本館9階
課長:鷲谷 浩三
担当執行リーダー:烏谷 昌正
電話:089-948-6512
E-mail:kenchikus@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年4月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.