このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年3月 の中の 「るるぶ特別編集『松山・道後温泉』」が完成しました のページです。

本文ここから

「るるぶ特別編集『松山・道後温泉』」が完成しました

更新日:2019年3月27日

発表内容

目的

 観光客の皆さんに、旅行を計画する段階で松山の魅力や旬の話題をお届けするため、アクセスや観光情報を掲載した発地型フリーペーパー「るるぶ特別編集『松山・道後温泉』」が完成しました。
 今回は、道後REBORNプロジェクトや明治27年当時に実際に利用されていた北側出入口など、今しか体験できないプレミアムな「道後温泉本館」に関するさまざまなイベント情報のほか、鉄壁の防御を誇る「松山城」の臨場感あふれる動画が見ることができる攻略ARアプリや体験イベントを紹介します。また、観光客の方々に安心して本市を訪れていただくため、最新の防災情報をお伝えする「松山市防災情報(Facebook)」なども掲載しました。
 合わせて、昨年12月に1周年セレモニーで大いに賑わった「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」や「石手寺」「愛媛・松山のお土産やグルメ」なども引き続き紹介します。
 さらに効果的に発信するため、関東や関西の大手旅行会社の店舗に設置したり、観光交流都市のイベントなどで活用したりし、広く松山市の魅力をPRします。

発刊

るるぶ特別編集『松山・道後温泉』

主な掲載内容

●日本最古といわれる温泉「道後温泉本館」
●新たな温泉文化の発信拠点「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」
●城郭建築の最高傑作「松山城」
●いで湯と城と文学のまち「名作の舞台・俳都松山」へ
●えひめ・まつやまのみやげ
●松山へのアクセス情報        など

配付エリア

関東・関西を中心にしたエリア

配布開始日

平成31年4月1日(月曜日)

印刷部数

50,000部

規格

AB版 16ページ(表紙と裏表紙も含む)

お問い合わせ

課名 観光・国際交流課
所在地 〒790‐8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2
課長:白石 秀一
担当執行リーダー:松下 智恵
電話:089‐948‐6558
E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.