このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年3月 の中の 絵本「かなしきデブ猫ちゃん」の著者 早見和真さんとデブ猫ちゃんが松山市長を表敬訪問します のページです。

本文ここから

絵本「かなしきデブ猫ちゃん」の著者 早見和真さんとデブ猫ちゃんが松山市長を表敬訪問します

更新日:2019年3月13日

発表内容


早見和真さん

内容

絵本『かなしきデブ猫ちゃん』の著者、早見和真さんとデブ猫ちゃんが松山市長を表敬訪問します。
『かなしきデブ猫ちゃん』は創作童話で、平成30年に発生した西日本豪雨にも触れており、「被災地を決して忘れない」という作家の強いメッセージも込められています。

日時

平成31年3月22日(金曜日) 14時00分〜14時15分


デブ猫ちゃん

場所

松山市役所本館3階 市長応接室

訪問者

早見 和真(絵本著者)
デブ猫ちゃん

対応者

松山市長 野志 克仁

次第

1.訪問者あいさつ、2.歓談、3.記念撮影


絵本『かなしきデブ猫ちゃん』

書籍

文:早見和真
絵:かのうかりん
規格:A4判 上製本 80頁 
定価:本体1,800円+税
発売日:平成31年3月25日

絵本『かなしきデブ猫ちゃん』

小説家・早見和真氏(2016年より松山市在住)と、絵本作家・かのうかりん氏(今治市出身)という愛媛にゆかりのある2人の作家の共作で、道後に暮らす飼い猫が家を飛び出し、愛媛県内を旅する冒険譚です。

あらすじ

松山市・道後に住む家族の飼い猫“マル”。人間を観察しながら優雅に過ごしているが、メス猫“スリジエ”が家族に加わり生活は一変。ふてくされて、家出をして、愛媛各地を東へ、西へ。愛と悲しみの大冒険が始まる──!

プロフィール

早見 和真(はやみ かずまさ)さん
1977年神奈川県生まれ。2008年『ひゃくはち』でデビュー。同作は、映画化、コミック化されベストセラーに。2015年『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
課長:大石 和可子
担当執行リーダー:池田 晋作
電話:089-948-6634
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.