このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2018年12月 の中の 坊っちゃん文学賞大賞受賞者の新作が発売されます のページです。

本文ここから

坊っちゃん文学賞大賞受賞者の新作が発売されます

更新日:2018年12月20日

発表内容


『ねむりのくにの ぐうすか くうすか』

目的

第4回坊っちゃん文学賞(平成6、7年度開催)大賞作品「がんばっていきまっしょい」の作者である敷村良子さんの新作『ねむりのくにの ぐうすか くうすか』(文芸社)が発売されます。

書籍

【書名】 『ねむりのくにの ぐうすか くうすか』
【規格】 A5判16ページ
【発行所】 株式会社文芸社
【価格】 1,100円+税
【販売日】 平成31年1月1日(火曜日)

ねむりのくにの ぐうすか くうすか(文:敷村良子、絵:菅野由貴子)

あっという間に眠くなる本があれば−。そんな夜、寝室に飾ったガラス絵が目に入り、ふと浮かんだ絵本。ゆるやかな言葉の繰り返しとおだやかな絵が眠気を誘います。
対象年齢はありません。子どもから大人まで広く楽しめます。お孫さん、お子さんの寝かしつけにも使えるよう、A5判で軽く、文字は大きめ、ページは少なめになっています。

第4回 坊っちゃん文学賞大賞受賞者 敷村良子さん

物書き(小説、身辺雑記、旅行記、書評、劇評、美術展紹介など)、松山市生まれ。東京、松山でコピーライターとして活躍。平成7年に小説「がんばっていきまっしょい」で第4回坊っちゃん文学賞大賞を受賞。同作品は映画化、連続ドラマ化され、長期にわたって好評を博しました。

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
課長:大石 和可子
担当執行リーダー:池田 晋作
電話:089-948-6634
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2018年12月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.