このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2017年11月 の中の 坂の上の雲ミュージアム×博物館明治村 「子規・漱石150年記念コラボ展」を開催します のページです。

本文ここから

坂の上の雲ミュージアム×博物館明治村 「子規・漱石150年記念コラボ展」を開催します

更新日:2017年11月9日

発表内容

概要

松山市と博物館明治村は明治体感パートナー協定を締結し、「明治」という時代の文化や人の生き方を継承した取り組みを実施しています。子規・漱石生誕150年を記念して、博物館明治村とのコラボレーション展示を行います。

期間

平成29年11月11日(土曜日)〜12月3日(日曜日) 9:00〜18:30(入館は18:00まで)

場所

坂の上の雲ミュージアム2階ミュージアムカフェ

料金

無料

内容

◇博物館明治村からの展示物

1.漱石への手紙
“小生は人に手紙をかく事と、人から手紙をもらふ事が大すきである。”
平成28年に漱石没後100年を記念して博物館明治村で開催された特別展「吾輩ハ、デザイナーデモアル」の関連イベントで、明治村を訪れた人びとが漱石に宛てた手紙(はがき大)を書きました。漱石ゆかりの土地で初めての巡回展です。手紙好きの漱石への、100通の熱いメッセージを紹介します。

2.森鴎外・夏目漱石住宅の紹介
博物館明治村には、漱石が『坊っちやん』や『草枕』を執筆した時に住んでいた住宅を移築し、保存されています。森鴎外と夏目漱石の住宅をパネルで紹介します。

◇坂の上の雲ミュージアムからの展示物

3.子規・漱石×未来のアーティスト「俳句をあらわす」
河原デザイン・アート専門学校グラフィックデザイン科イラスト・雑貨デザイン専攻1年の学生さんが、子規と漱石が明治28年に詠んだ俳句を絵にあらわしました。10名の学生さんが描いた18点の作品を展示します。
 
4.明治28年の子規・漱石
子規・漱石が明治28年に詠んだ俳句から、松山と愛媛にゆかりのある30句と、子規と漱石の明治28年のエピソードを紹介します。


漱石への手紙


「俳句をあらわす」学生さんの作品

協力

博物館明治村、河原デザイン・アート専門学校グラフィックデザイン科

関連イベント

◆特別展示「松山と漱石」 
 (期間)平成29年11月26日(日曜日)まで (場所)坂の上の雲ミュージアム4階展示室2
◆子規・漱石カフェで特別セットを提供
 (期間)平成29年11月26日(日曜日)まで (場所)坂の上の雲ミュージアム2階ミュージアムカフェ

お問い合わせ

坂の上の雲ミュージアム事務所
〒790-0001 愛媛県松山市一番町三丁目20番地
所長: 堀内 一甲
担当執行リーダー: 石丸 耕一
電話: 089-915-2601
E-mail: saka-museum@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.