このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2017年11月 の中の 日経BP社「シティブランド・ランキング-住みよい街2017-」で松山市が中四国ブロック1位に選ばれました のページです。

本文ここから

日経BP社「シティブランド・ランキング-住みよい街2017-」で松山市が中四国ブロック1位に選ばれました

更新日:2017年11月21日

発表内容

目的

日経BP社が、働く世代約2万人を対象に実施したシティブランド調査の結果から、今回初めて「シティブランド・ランキング-住みよい街2017-」をまとめ、松山市が中四国ブロック1位に選ばれました。
「安心・安全」「快適な暮らし」「生活の利便性」など8つの分野で、居住者と直近5年以内の居住者から、高く評価されました。

●中四国ブロック
1位 松山市(愛媛県)【総合32位】
2位 広島市(広島県)【総合61位】
3位 松江市(島根県)【総合100位】
3位 丸亀市(香川県)【総合100位】
※上位100位のうち、中四国ブロックは4市

調査概要

◎調査時期:2017年7月5日〜8月5日
◎調査方法:インターネット調査システムを使用して実施
        2万4389人のビジネスパーソンから有効回答を取得
        全1,741市区町村を対象とし、回答者の合計が20人以上となった325自治体をランキング化

調査手順

(1)「安心・安全」「快適な暮らし」「生活の利便性」「生活インフラ」「医療・介護」「子育て」「自治体の運営」「街の活力」という8つの分野で、合計37項目について「住みよい街の条件と思うか」の重要度を質問。
(2)現在の居住地と直近5年以内の居住地で、同じ37項目を使って「住みよい街に当てはまるか」を尋ねました。今回は、重視度の低かった5項目を除いた、8分野32項目への評価を使ってランキング化。
※32項目の主な内容は、「治安がよい」「公園が多い」「繁華街へのアクセスがよい」「公共交通機関が充実している」「病院や診療所が多い」「保育所や幼稚園が充実している」「行政サービスが充実している」「街に活気がある」など。

評価について

32の項目を5段階で尋ね加重平均値を算出し、項目ごとの重視度を乗じてポイント化。
各市区の32項目のポイント合計値を偏差値化してランキングを作成。今回の調査結果は、現在の居住者と直近5年以内の居住者の回答者合計が20人以上の325市区のデータを基に作成。

お問い合わせ

シティプロモーション推進課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
課長:加藤 和正
担当執行リーダー:千海 克啓
電話:089-948-6707
E-mail:city-promo@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.