このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2017年5月 の中の 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ) 開館記念講演会を開催します のページです。

本文ここから

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ) 開館記念講演会を開催します

更新日:2017年5月25日

発表内容

目的

愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会までの完成を目指し、建設を進めている『道後温泉別館 飛鳥(あすか)()湯泉()』の取り組みや道後温泉の歴史、文化などを多くの方に知っていただくため、橿原考古学研究所特別指導研究員で、飛鳥時代の発掘調査に数多く携わられ、奈良芸術短期大学教授、また(公財)愛媛県埋蔵文化財センターの理事長もされている、前園実知雄先生をお招きし、記念講演会を開催します。

日時・テーマ(全3回)

1)平成29年6月17日(土曜日) 10:00〜11:30(受付開始9:30〜)
   文献に見える天皇の行幸と古代湯帳の歴史
2)平成29年7月22日(土曜日) 10:00〜11:30(受付開始9:30〜)
   史跡久米官衙群と道後温泉地区の発掘調査
3)平成29年8月19日(土曜日) 10:00〜11:30(受付開始9:30〜)
   飛鳥・奈良時代の大和と伊予〜湯ノ岡碑文と法隆寺資財帳をめぐって〜

場所

松山市立子規記念博物館 4階 講堂(松山市道後公園1−30)

申込方法

・参加無料、各回定員先着300名

講師プロフィール

奈良芸術短期大学教授、奈良県橿原考古学研究所特別指導研究員、
公益財団法人 愛媛県埋蔵文化財センター理事長、
中国社会科学院古代文明研究センター客員研究員、真言宗豊山派法蓮寺住職
<主な発掘調査>
斑鳩町の藤ノ木古墳や法隆寺、奈良市の唐招提寺・東大寺など
<主な著書>
『斑鳩に眠る二人の貴公子 藤ノ木古墳』(新泉社)や『奈良・大和の古代遺跡を掘る』(学生社)など

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

道後温泉事務所 活性化担当
〒790−0842 愛媛県道後湯之町5番6号
課長:金森 和久
担当執行リーダー:山下 勝義
電話番号:089−921−0101
E-mail: dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2017年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.