このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2016年5月 の中の 3.11 あの日を語り継ぐ展を開催します のページです。

本文ここから

3.11 あの日を語り継ぐ展を開催します

更新日:2016年5月6日

発表内容

目的

 坂の上の雲ミュージアムでは、平成24年7月に「東日本大震災被災地復興支援シンポジウム‐新聞『三陸新報』が見た気仙沼の一年‐」を開催しました。それ以来三陸新報社との交流は続いています。平成28年3月には、「東日本大震災被災地復興祈念リサイタル2016」をおこなうなど、復興を祈念した催しを実施しました。
 今回、『三陸新報』に平成27年3月11日(水曜日)から1年にわたり連載された記事「あの日を語り継ぐ」を展示し、気仙沼市、南三陸町の人たちの経験や町への思いなどに触れ、語り継ぎ、記憶をつなぐことの大切さを知っていただきます。

日時

平成28年5月11日(水曜日)から平成28年5月29日(日曜日)

場所

坂の上の雲ミュージアム(松山市一番町三丁目20番地)2階ホール

主催者

坂の上の雲ミュージアム事務所
協力:三陸新報社(宮城県気仙沼市)

内容


三陸新報の連載記事

  • 三陸新報の連載記事「あの日を語り継ぐ」の展示・閲覧

東日本大震災から丸4年になる平成27年3月11日(水曜日)、三陸新報社では気仙沼市や南三陸町の方々が震災とその後に経験されたことなどを「あの日を語り継ぐ」という記事にして連載を始めました。1年にわたり掲載された全36回の記事を展示します。

  • 被災地の震災直後の写真と現在の写真
  • 被災地復興を祈念し、坂の上の雲ミュージアムでこれまでに開催したイベントのパネル展示

お問い合わせ

坂の上の雲ミュージアム事務所
〒790-0001 愛媛県松山市一番町三丁目20番地
所長:堀内 一甲
担当執行リーダー:石丸 耕一
電話:089-915-2601
E-mail:saka-museum@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2016年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.