このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 募集 の中の 松山の自慢したい・大好きな風景などを募集します(まつやまの大切にしたい景観100選) のページです。

本文ここから

松山の自慢したい・大好きな風景などを募集します(まつやまの大切にしたい景観100選)

更新日:2015年2月24日

皆さんが自慢したい松山の風景などを募集し、「まつやまの大切にしたい景観100選」として選定します。

「まつやまの大切にしたい景観100選」事業は、大切に残していくのにふさわしい景観を募集・選定することで、市民の共有財産として周知・活用する取り組みです。

募集内容

(1)松山市内でもっとも好きな風景や場所で自慢できるもの(松山市を代表する景観)
(2)居住する地域や親しみのある地域で、もっとも好きな風景や場所で自慢できるもの(地域固有の景観)
※(1)、(2)どちらかまたは両方 (2)は松山市内の地域とします。

応募方法と注意事項

  • 応募用紙(※下部ダウンロード)に必要事項(住所、氏名、連絡先、応募する対象の名称・所在地、推薦理由)を記入の上、写真を添付して松山市都市デザイン課へ持参、郵送、eメールで応募してください。
  • 写真は、プリント(L判または2L判)またはデータ(2MBまで〈メール添付かCD‐R〉)とし、写真の返却はできません。
  • 風景や眺望の場合は、どこから見る景観がよいかの見る場所の名称・住所を記入してください。ただし、松山市内で誰でも立ち入ることができる場所に限ります。
  • 季節の行事、風景などはその季節に撮った写真を添えてください。
  • その他応募にあたっての注意事項は、応募用紙(※下部ダウンロード)をご覧ください。

選考基準

松山(地域)らしさを感じることができ市民が親しみと誇りを持っていつまでも残していきたいと感じられるもの

  1. 歴史・文化が感じられる景色
  2. 豊かな自然や季節が感じられるもの
  3. 都市景観や新しい視点での景観が感じられるもの
  4. 伝統を感じ、季節の風物詩ともいえる祭り・イベントや、人々のくらし、活気ある市民活動が感じられるもの

応募締切

平成27年6月30日(火曜日)まで(郵送の場合は当日消印有効)

その他

  • 選考は、松山市景観審議会で行う予定です。
  • 選定結果は松山市HP上などで発表します。
  • 応募された方から抽選で100名に記念品(粗品)を差し上げます。
  • 提出された写真は、市が景観形成に関する事業やPR等に利用させていただきます。
  • 写真は無修正のものとし、第三者の権利(著作権、肖像権)を侵害する写真は使用しないでください。写真に人物などが含まれる場合は応募者が肖像権等の承諾を得て提出してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市デザイン課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階
電話:089-948-6848
E-mail:design@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

募集

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.