このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 募集 の中の 「道後温泉活性化フォーラム〜外湯文化を受け継ぐおもてなしの環(わ)〜」を開催します のページです。

本文ここから

「道後温泉活性化フォーラム〜外湯文化を受け継ぐおもてなしの環(わ)〜」を開催します

更新日:2015年7月1日

概要

 道後温泉が次の百年も輝き続けるために、建築家の内藤廣さんらをお招きし、道後の活性化計画や新たな温泉施設の建設をテーマに道後の将来を共に考えるフォーラムを開催します。
 シンポジウムでは、第1部に地域の担い手となる若手によるディスカッション、第2部に東京大学大学院の羽藤英二教授をコーディネーターに、建築家の内藤廣さんと松山市長の三者で道後温泉の活性化に向けた新たな取り組みなどについて語り合います。


建築家 内藤 廣


コーディネーター 羽藤 英二

日時

平成27年7月14日(火曜日) 13時30分〜16時00分(開場は13時から)

場所

愛媛大学 南加記念ホール(松山市文京町3番)

参加方法

定  員:約200名(先着順)
参加費:無料、参加申込み不要
※来場者の方の駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

内容

13:30〜 開会挨拶 愛媛大学防災情報研究センター長 矢田部 龍一

13:35〜 基調講演 東京大学大学院教授/松山アーバンデザインセンター長 羽藤 英二
              テーマ 『外湯文化を受け継ぐ道後のまちづくりに向けて』

       シンポジウム
14:00〜  第1部 『若手が語る道後の賑わいづくり』
        コーディネーター
         片岡 由香(愛媛大学防災情報研究センター助教)
        パネリスト
         鮒田 好久(道後温泉旅館協同組合)
         石田 匡暁(道後商店街振興組合)
         山澤  満 (道後温泉誇れるまちづくり推進協議会)
         松波 雄大(コンソーシアム 道後アートプロジェクト)
         芝原 貴史(東京大学大学院工学系研究科)
         亀田 真美(愛媛大学法文学部観光まちづくりコース)

15:00〜  第2部 『百年輝き続ける最古の湯 道後』
         内藤  廣 (建築家/東京大学名誉教授/内藤廣建築設計事務所代表)
         野志 克仁(松山市長)
         羽藤 英二(コーディネーター/東京大学大学院工学系研究科教授/松山アーバンデザインセンター長)

主催者等

主催者:愛媛大学防災情報研究センター、松山アーバンデザインセンター、松山市
後  援:道後温泉旅館協同組合、道後商店街振興組合、道後温泉誇れるまちづくり推進協議会

案内チラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-0842
松山市道後湯之町5-6
電話:089-921-6464
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.